「AERA」2022年5月2−9日号にツレヅレハナコさん推薦「おいしい本」インタビューを執筆


「AERA」2022年5月2−9日合併増大号の巻頭特集は「今読みたい本120冊」。そのなかで「世界を知る私を知る「好きが広がる11ジャンルのオススメ本」にご登場いただいた識者11人の1人、ツレヅレハナコさんに「おいしいものが食べたくなる本」を教えていただきました。


ツレヅレさんは編集者ということもあり、食の本に関する知識も豊富で、じつは紹介した以外にも新しい本をたくさん教えていただきました。誌面で紹介したのは、今、入手可能な本になります。


取材後、推薦いただいた本がどれも面白そうで、買い込んでしまったワタクシです。記事は、AERAdotでも公開されています。


AERAdotの記事はこちら。


「めっちゃおいしいよ」作り手の熱量が伝わる食の本10冊

レシピ、旅行記、エッセイも

https://dot.asahi.com/aera/2022050200014.html


ツレヅレハナコさんオススメの本10冊


  1. 『ブタとともに』(山地としてる著/青幻舎)

  2. 『美酒佳肴 中華つまみ』(今井亮著/成美堂出版)

  3. 『海苔と卵と朝めし: 食いしん坊エッセイ傑作選』(向田邦子著/河出書房新社)

  4. 『人生で大切なことは泥酔に学んだ』(栗下直也著/左右社)

  5. 『大人気料理家50人のニッポンのおかずBest500 復刻版』(主婦の友社編)

  6. 『遺したい味 わたしの東京、わたしの京都』(平松洋子・姜 尚美著/淡交社)

  7. 『行列のできる定食屋 「菱田屋の男メシ!」』(菱田アキラ/オレンジページ)

  8. 『daily PASTA book 鎌倉 オステリア コマチーナのパスタとつまみ81皿 』(亀井 良真著/KADOKAWA)

  9. 『食べ歩くインド 北・東編』(小林 真樹 著/旅行人)

  10. 『料理書のデザイン: いま知っておきたい100冊 “おいしさ"を伝える見せ方とアイデア』(鈴木めぐみ著/誠文堂新光社)




閲覧数:2回